アニメの監督になりたい人が増えている理由

アニメの制作に関する全ての決定権を持ち、作品の総責任者であるアニメの監督はスタッフやシナリオだけでなく、キャラクターや動画、CG、配色、背景、音楽、声優に至るまで一つのアニメ作品が完成するまでに、多くのことを決めて制作を進める必要があります。さらにその一つ一つの決定には、監督が必ず参加をして最終的な判断を下します。このようにアニメ作品を作るにあたり、監督が担う責任はとても大きいですが、その分自分好みの作品を作ることも可能なのです。アニメを見ているとこんな結末が良かった、あの場面では自分ではこうしたかったなど、自分の想像を膨らます方は多くいると思います。実際に自分がアニメの監督になることで、想像だけではなく、実際の作品として作ることが可能となる、夢を形に変えることが出来るのです。

アニメの監督が今人気の理由とは

アニメの監督の主な勤務先となるのは、アニメーションの制作会社や映画会社、映像制作会社です。何本かの監督作品を手掛けてから、個人事務所や自身で制作会社を立ち上げるケースもあります。監督は作画から音楽、シナリオまで幅広い作業内容の指揮を取る必要があるため、助監督やアシスタントでの演出の経験や作画経験、さらにはアニメ全般だけでなく、映画や音楽などの知識も必要となります。さらに、優秀なスタッフを集めることができる人脈や効率良く仕事を進めるマネジメント能力も必要となります。アニメの監督はとても大変な仕事ですが、現在アニメ作品は日本だけにとどまらず海外でも非常に高い注目を浴びており、とてもやりがいのある仕事です。また小さい頃からアニメに慣れ親しんだ人が多いため、自然とアニメに憧れを持ち、アニメに関する仕事をしたいと考える方が増えているため、アニメの監督を志望する人材が増えているようです。

依頼から完了までのアニメの監督の仕事内容とは

アニメの監督の仕事内容はとてもハードですが、具体的にはどのような仕事があるのでしょうか。まず作品を作るためには企画を立ち上げることから始まります。企画を通すことはとても重要なため、監督自らがテレビ局などに売り込みに行くケースもあります。そして企画が無事に通ったら、制作スタッフを集めます。シナリオが未完成の場合は、シナリオライターや脚本家にシナリオを依頼しますが、その際に監督自らが脚本を描くケースもあります。その後背景や原画が完成したら動画や視覚効果の制作に入ります。無事にアニメが完成したら、今度はアフレコの録音を開始します。全ての作業の目途がついた際には、作品がヒットするために宣伝活動を積極的に行ったり、メディアの取材を受けたりします。このように、作品が完了しファンの元に届けられるまでには、さまざまな行程があるのです。