アニメの監督になる方法を導きます

アニメが好きで、アニメの業界で働くことを志している方の中には、具体的に監督になりたいと考えている方もいるでしょう。しかし、どうすれば監督になれるのかというのはあまり知られていないのも事実です。例えば声優という職業に就きたいのであれば、実際にそれで食べていけるかは別としても声優を養成する学校へ行き学ぶという道があります。では、監督はどういう道があるのでしょうか。堅実な方法としては専門学校や大学などへ進学し、映像クリエイターの勉強をする事でしょう。ただし、映像の世界というのは特にアニメは実績と経験が重要視されるので、早めに業界に身を置く事が近道とも言えます。アニメ制作会社へ就職し、制作や進行の仕事を積み重ねていきながらアニメ全体の流れなどを覚えていき、演出助手を経験していく道のりや、アニメーターとして作画監督を目指し演出家となる道のりなどが有力です。

アニメの監督になったらどんな仕事をするのか

では実際にアニメの監督というのは、どのような仕事をしているのでしょうか。やはり絵コンテが描ける、つまり絵が上手くなくては監督になれないのでしょうか。というと、必ずしもそういうわけではありません。確かに監督は演出に脚本、そして絵コンテも全てを包括する立場にあり、演出に関わる全ての仕事をやるというのがある意味正しくもあります。ただし、現場によって、脚本は脚本家に、絵コンテはそのプロに任せて監督は全体の指揮を取るという場合も少なくありません。テレビアニメのシリーズ物などになると、監督が全ての仕事を管理するというのはかなり難しくなるので、監督代理のような立場として演出家を別に立て仕事を割り振ることも多々あります。今挙げた以外にも、声優の演技指導や音楽についても監督が支持をしなくてはならないので、その様に細々と仕事を分ける事が多くなるのです。

アニメの監督になって自分の好きなアニメを作るには

監督になれたのなら、自分の好きなアニメを好きなように作りたいと思うものです。ですが先に述べたように、監督の仕事は多岐に渡りとても一人でこなせるものではありません。アニメ制作というのはチームプレイです。監督はそのチームの指揮者という立場でもあるのです。アニメクリエイター達に、自分が作りたい物を上手く伝えそれを形にしていけるように、各所へ指示をしなくてはならず、また自分の意見を押し付けるだけでは良い作品はできないため、各クリエイターの意見や考えも受け入れながら全体を構築していくスキルも必要となってきます。ただ好きなアニメを作ると言っても、一つの作品が完成するためには何十人もの力が一つに結集しなければ形にはならないのがアニメです。監督とは、その何十人もの人々を一つの方向へ導く光でなくてはならず、しかし自分だけが光っていても上手くまとまらない事を心に留め置いていなければならない難しい職業です。