今後の映画界におけるアニメの監督の立ち位置

小さい頃から身近にあるのがアニメ番組であり、ワクワクしながらその時間を楽しみに待っていたという人は必ずいることでしょう。小さな頃から親しんできたアニメの世界が大好きになって、年令を重ねてもずっと親しんでいるという方も少なくはありません。今やアニメーションは子どものものだけではなく、年齢を重ねて大人になっても充分に楽しめるものとなっており、また、大人が楽しむものとして制作されているものも多々あるほどです。中には観るだけではなく自分の手でアニメを作りたいという夢を持つようになり、そのための勉強をする人もいます。自らの表現したい世界があるなら是非、その世界を自らが監督になって見える形に作り上げてみましょう。自分が好きな世界を一緒に共有できることほど嬉しいものはありません。

自分の好きな世界を思い通りに描ける

夢のような現実には考えられないような世界観でも、アニメの中でなら自由に描くことができます。それも自らが監督となって制作するアニメであれば思う存分に自分が好きな世界を表現することが出来るのです。一つの物語を初めから終わりまで考えて制作するというのは、アニメという夢の世界であっても辻褄が合わないものであればリアリティは生まれません。監督という立場で、アニメの世界観全体を見ていくことが出来るからこそ作っていけるものがあります。何か伝えたいことをアニメとして発信するということも、文字ばかりで伝えるよりも映像が加わることでより作られた世界に入り込みやすく、作者側が言いたいことが伝わりやすいというメリットがあります。好きな世界で自由に表現できるという楽しさは監督としての醍醐味でもあります。

世界に誇れるアニメ監督という職業

日本の制作するアニメは世界でもとても人気があり、注目度も高いものとなってきています。日本人が小さい頃から馴染みのある作品がいま、世界の子どもたちにも人気を博していて、自分たちがアニメを見て楽しんできたように楽しんでくれていることがわかります。そのことからも日本で発表するアニメーションは世界中でも注目される可能性があるものであり、小さな世界から始まったものだとしても日本に住んでいる人だけでなく世界にも、自分の表現したい世界を伝えることが出来る時代になっている。配信するにも今は簡単にパソコンから行えるようにもなっていて、話題になる時はあっという間である。世界にも自慢できる作品を作り上げたのが、自分だといえる日もいつか来るのかもしれないと思いながら、オリジナルの世界を作ってみるのも良いのかもしれません。